PCソフト

Chromium版「Microsoft Edge」--企業での展開で知っておくべきこと

「Chromium」ベースの新しい「Microsoft Edge」が公開された。設定と同期、自動更新の防止など、企業での展開の管理に必要な情報を解説する。

 Microsoftは、新しいバージョンの「Microsoft Edge」をビジネスユーザーとホームユーザーに提供する準備が整ったと確信している。そのため、現行バージョンのEdge(さらには「Internet Explorer 8」)で動作するすべてのサイトが新しいEdgeでも動作することを(「Desktop App Assure」プログラムで)保証している。また、「Windows 7」「Windows 8」「Windows 10」「macOS」向けに新Edgeの安定版の提供をすみやかに開始した。

「波」を表現した新しいMicrosoft Edgeのアイコン。
「波」を表現した新しいMicrosoft Edgeのアイコン。
提供:Microsoft

 Edgeの安定版をインストールすると、新しい「EDGE.EXE」アプリケーションによって従来のEdgeブラウザーが完全に置き換えられる。Edgeをタスクバーにピン留めしている場合は、「波」を表現した青緑色の新しいEdgeアイコンに変わり、これをクリックすると新バージョンのEdgeが開く。インストール済みの他のブラウザーに影響が及ぶことはない。「Google Chrome」や「Firefox」をインストール済みで、タスクバーにピン留めしていても、あるいはデフォルトのブラウザーに設定していても、インストールされたままだし、ピン留めやデフォルト設定もそのままだ。Edgeの「Canary」版、「Dev」版、「Beta」版を利用している場合、インストールされた状態が維持され、引き続きアップデートを受けられる。ただし、これらのバージョンが自動的に安定版チャネルにアップデートされることはない。

 安定版をすぐにインストールしたい人は、新しいmicrosoftedge.comサイトで入手できる。同サイトではWindows版とMac版のオフラインパッケージも公開されており、IT担当者や管理者はそれをダウンロードして、企業システムでの試用と展開が可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3836文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]