周辺機器 京セラ

京セラDS、商業用インクジェット国内市場に参入--海外で先行

京セラドキュメントソリューションズが海外で先行販売する商業用インクジェットプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を発表。複合機、プリンターなどで培う技術力をベースに開発し、国内市場へ新規参入する。

 京セラドキュメントソリューションズ(京セラDS、大阪市中央区)は1月27日、商業用インクジェットプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を発表した。自社開発の水性顔料インクを採用するライン型のフルカラーインクジェットで、「TASKalfa」「ECOSYS」シリーズなどの複合機、プリンターで培う技術力をベースに開発。3月から国内で発売、市場へ新規参入するという。

TASKalfa Pro 15000c(出典:京セラドキュメントソリューションズ)
TASKalfa Pro 15000c(出典:京セラドキュメントソリューションズ)

 A6から最大の定型サイズとなるSRA3(320×450mm)まで印刷可能で、600×600dpiまでの解像度に対応。普通紙のほか、インクジェット専用紙、インクジェットマット紙、タブ紙、エンボス紙やバナー紙のほか、はがき、封筒など、最大360g平方メートルの用紙に印刷できるという。

 A4の場合の分速は150ページ。360g平方メートルの用紙でもノンストップで9000ページ、月間平均100万枚が印刷可能。

 印刷中でも用紙の出し入れ、インクコンテナーを交換でき、給紙用ペーパーフィーダー、排紙用スタッカー、状態確認ライトといった計12のインラインオプションを用意するという。最大1万4310枚を給紙、1万5320枚を排紙できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約865文字 ログインして続きを読んでください。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]