RPA

RPA“浸透率”1位UiPath、2位BizRobo!--利用拡大の課題は人材不足

RPA利用拡大では、人材のほか予算やコスト、組織間連携、業務プロセスなどさまざまな課題が存在するが、現時点ではRPA人材の不足が大きい――。MM総研が調べた。

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の国内利用動向調査によると導入率は38%、大手企業に限定すると51%になったという。MM総研が1月27日に発表した。

 導入した企業の内部でRPAがどの程度広く使われているかを測るため、新たに“浸透率”を作成。浸透率はRPAを活用している部門数、PC台数、従業員数などで算出した。

 2019年1月の前回調査時点での普及率は3割を超え、企業内に広く深く浸透するステージに移行し始めていると分析。導入社数シェアや金額シェアに基づいた従来指標の導入率に加えて、企業内でのRPA展開度合いを測る浸透率を設定して、現状をより適正に反映させたと説明する。

 2019年11月のRPA導入率は38%。2018年6月時点では22%であり、約1年半で16ポイント増加。導入率を企業規模別に見ると、年商1000億円以上の大手企業は51%であり、年商50億円以上1000億円未満の中堅中小企業は25%。導入率を業種別に見ると、金融で59%と最多。金融以外の業種でも普及率も高く、業種にかかわらず普及が進んでいると説明する。前回調査と比べて特に導入率が伸長した業種は学校・医療福祉、流通となっている。

図1:RPA導入率推移(出典:MM総研)
図1:RPA導入率推移(出典:MM総研)

 大企業ではすでに社数ベースでの導入率が過半を超えた。大企業での浸透率を見ると、「UiPath」が45%と最多。ユーザー企業やパートな0企業へのサポートと人工知能(AI)などの組み合わせや運用管理といったエンドトゥエンドのソリューションが奏功すると分析している。UiPathに次いで「BizRobo!」が40%、「WinActor」が38%となっている。今後は浸透率を上げる取り組みが一層重要になると指摘している。

図2:大手企業でのRPAブランド別浸透率(出典:MM総研)
図2:大手企業でのRPAブランド別浸透率(出典:MM総研)

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]