PC VAIO

VAIO、「SX12」「SX14」2020年モデル--Comet Lake搭載、顔認証にも対応

VAIOが「SX12」「SX14」の2020年モデルを発表。Comet Lake世代のCPUを搭載可能、独自チューニングが性能をさらに引き出すという。プレミアムエディションの「ALL BLACK EDITION」「RED EDITION」、Type-Cアクセサリーも発売する。

 PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)は1月23日、ノートPCの新モデルを発表した。いずれも個人向け機種となる12.5型ワイド「SX12」、14型「SX14」の2つをアップデート。「Core i7-10710U」「Core i5-10210U」などの第10世代CPU「Comet Lake」が搭載可能で、VAIOのモバイルPCとして初めてヘキサコア(6コア)12スレッドに対応するという。同日から受注を開始する。

SX12、SX14(ブラック)(出典:VAIO)
SX12、SX14:ブラック(出典:VAIO)

独自チューニングが6コアで輝きを増す

 11.6型「S11」、13.3型「S13」の2018年1月モデルで初導入した、放熱設計や電源回路などの工夫で効率良く排熱、多くの電力を流せる独自チューニング「VAIO TruePerformance(VTP)」を搭載可能。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3187文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]