OS

「Windows Server」の次期リリース--「Ignite 2019」で発表された機能

マイクロソフトは「Ignite 2019」において、「Windows Server」の次期メジャーリリースに搭載される機能をいくつか発表した。「Hyper-V」の機能強化や「Microsoft Azure」との連携など、次期リリースの新機能を紹介する。

 Microsoftが「Windows Server 2019」をリリースしてから、しばらくたつ。次期メジャーリリースの開発は続いており、提供開始はまだ少し先のことだが、「Software Assurance」サブスクリプションの一環として6カ月ごとのリリーススケジュールを選択している場合は、新機能を利用できる時期が大幅に早まる。Microsoftは「Ignite 2019」の複数のカンファレンスセッションにおいて、次期Windows Serverリリースに搭載される機能を明かし始めた。そこから浮かび上がってきたのは、進化して新しいテクノロジーに対応し、クラウドを活用してMicrosoftのハイブリッドクラウドビジョンに焦点を合わせ、データセンターと「Microsoft Azure」を結び付けるOSの姿だ。

「Windows Admin Center」の新機能

 現代のWindows Server環境の重要な要素の1つは、Windows Admin Center(WAC)だ。デスクトップPCから作業する管理者をサポートするために設計されたWACは、ブラウザーベースの管理環境であり、Windowsの既存の「Remote Server Administration Tools」と同ツールに含まれる「Server Manager」に代わって、Microsoft製とサードパーティー製の管理ツールをまとめ、オンプレミスとクラウドにある物理と仮想の両方のサーバーとデスクトップを一括管理できるようにすることを目的としている。

Windows Admin Centerに新しいサーバーパフォーマンス監視ツールが追加される。
Windows Admin Centerに新しいサーバーパフォーマンス監視ツールが追加される。
提供:Microsoft

 Igniteイベントで披露された重要な機能の1つが、なじみのあるWindows Server監視体験をベースとした新しいパフォーマンス監視ツールだ。この機能では、カウンターリストをフィルタリングして、カスタムパフォーマンスビューを素早く構築し、サーバーからのリアルタイム情報にアクセスできるようになった。コンテキスト検索によってカウンターのグループを素早くまとめ、解決しようとしている問題に関連するカウンターを見つけることができる。また、データを調べて必要な情報を見つけるための分析ツールも用意されている。分析ワークスペースを構築したら、後で使えるように保存して、同僚やサーバー間で共有し、パフォーマンス監視ビューのライブラリーを構築できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3557文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]