AI・機械学習

「AIは人々のつながりの促進に利用すべき」--スターバックスCEOが語る導入理由

スターバックスのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のK・ジョンソン氏が同社におけるAI利用の目的を語った。

 ジャマイカブルーマウンテンコーヒーで満たされたフレンチプレスを両者の間におくような形でStarbucksのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のKevin Johnson氏は、Fast Companyの編集長であるStephanie Mehta氏と対談し、Starbucksがテクノロジーを利用してバリスタと顧客の対話を促していることについて語った。

 全米小売業協会(NRF)の「Big Show 2020」に集まった満員の観衆の前で、Johnson氏はStarbucksの人工知能プラットフォーム「Deep Brew」とイノベーションラボ「Tryer Center」について話した。同氏によると、これらのおかげで、Starbucksは同社が最も得意とすること、つまり、つながりの中心地であることに回帰しているという。

 Johnson氏はMehta氏に対して、「多くの点で、Deep Brew、そして、機械学習と人工知能への注力の狙いは、人々が人間らしいことをする時間をより多く確保できるように支援する方法を見つけることにある。人間をロボットで置き換えることを目指しているのではない。重要なのは、テクノロジーによってバリスタの負担を軽減し、バリスタ同士、そして、バリスタと顧客のつながりを促進することだ」と述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1920文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]