AI・機械学習 チャット OCR LINE

LINE、チャットボットとOCRをSaaS化--「LINE BRAIN」の成果活用

LINEは、機械学習を活用した認識(コグニティブ)技術をベースにした事業「LINE BRAIN」に含まれるチャットボットとOCRをSaaSとして提供する。個人向け「LINE」、ビジネスチャット「LINE WORKS」などと連携できる。

 LINE(新宿区)は1月22日、機械学習をベースにした人工知能(AI)を活用する「LINE BRAIN」のチャットボット「LINE BRAIN CHATBOT」、光学文字認識(OCR)「LINE BRAIN OCR」をSaaSとして提供すると発表した。親会社となるNAVER傘下のNAVER Business Platformのサービスとして、韓国リージョンからマルチゾーン提供されている「NAVER CLOUD PLATFORM」で同日から提供する。

2つのサービスをSaaSで提供(出典:LINE) 2つのサービスをSaaSで提供(出典:LINE)
※クリックすると拡大画像が見られます

 BRAIN CHATBOTは、日本語や英語、韓国語に加え、タイ語、インドネシア語をカバー。単語やキーワードに限定されず、日常の会話調による問いかけも対応できるという。2000件の登録シナリオの正答率を比較した自社調査では、他製品よりも高い正答率が出たとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1096文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]