OS

「Windows 7」のサポート終了--移行未完了の企業に残された選択肢

「Windows 7」のサポートが1月14日で終了した。同OSをまだ使用中の企業にとっての最善策は、早急に「Windows 10」に移行することだが、他にどのような選択肢があるだろうか。

 「Windows 7」をいまだに使い続けている企業は、いつ破滅を迎えてもおかしくない状況に正式に足を踏み入れている。Microsoftは1月14日をもって、この古いOSの延長サポートを打ち切った。

 Windows 7搭載コンピューターはこれまでどおり動き、今後も使用できるが、セキュリティ上の不具合に対する脆弱性が増すことになる。

 というのも、延長サポートの終了後は、Windows 7向けのバグ修正、セキュリティ更新、その他のパッチがMicrosoftから提供されないからだ。ただしKollectiveによると、まだWindows 7を手放せない企業にも、いくつか選択肢があるという。

 まず言っておくと、Windows 7といまだ決別できていないとしても、それは皆さんの会社だけではない。Kollectiveが2019年12月に米国と英国のIT専門家100人を対象に実施した調査では、53%の回答者が「Windows 10」への移行が完了していないことを認めた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2154文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]