コミュニケーション

「Slack」でリマインダーを設定するには--ボット機能「Slackbot」を活用

「Slack」のボット機能「Slackbot」を使えば、リマインダーの利用が可能だ。ここでは、同機能を使ったリマインダーを設定する方法を解説する。

 「Slack」でアカウントを作成すると、「@slackbot」という非常に便利なアシスタントを利用できる。このアシスタントは、即座にワークスペースに表示され、Slackを最大限に活用するための手がかりを提供してくれる。その後、ユーザーはSlackの使い方を完全に理解したと思い込んで、Slackbotを閉じてしまう。しかし、メッセージを熟読せずにSlackbotを閉じると、同アプリ/サービスの非常に重要な機能を見落としてしまうだろう。それは、リマインダーを設定する機能だ。

 そう、Slackは勤務時間中にさまざまなイベントをユーザーに思い出させることで、日々の負担を少しだけ軽減してくれる。Slackワークスペースでかなりの時間を費やす人は、特にこの機能を重宝するはずだ。

 しかし、リマインダーはどのように設定すればいいのだろうか。特にSlackbotのヘルプページをすでに閉じてしまった場合は、どうすればいいのだろうか。その方法を以下で紹介する。

 本記事では、「Android」版のSlackアプリを使って説明を進めるが、この機能は、使用しているプラットフォームに関係なく同じように利用可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1647文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]