データ分析 データ保護 データベース BI BI/DWH

データ管理入門--その意味や必要なスキルなど知っておきたい基本事項

今ではあらゆる企業でデータが使われているが、有効に活用するには適切な管理が必要だ。ここでは、データ管理の基本となるモデル、ソフトウェア、必要なスキル、導入方法などについて解説する。

 世界中のあらゆる企業は、データを扱わなければならない。社員1人の有限責任会社から多国籍企業まで、データはあらゆる場所に存在する。データを効果的なビジネスツールとして利用したければ、適切に管理する必要がある。

 ただし、データは顧客記録などの外部ソースの情報だけではない。従業員記録やネットワークマップ、給与支払データ、その他の形式の外部情報と内部情報もすべて、管理すべきデータのリストに含まれる。

 データを有用なものに変えるには、多くの作業が必要だ。適切に管理しなければ、記録の重複、不正確な情報、時間とストレージ容量の浪費など、不適切な整理に起因する問題を多数抱えることになるかもしれない。デジタルデータは紙よりもはるかに複雑であるため、整理するには専門的なスキルが求められる。

 データ管理の世界へようこそ。ここでは、モデル、ソフトウェア、導入など、データ管理について知っておくべき基本事項を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4729文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]