電子署名 帳票管理 Holmes

ライフサイクルで考える「契約マネジメント」--リーガルテック先進国の現在

契約マネジメントの考え方と日本企業の相性、リーガルテック先進国であるアメリカでの契約マネジメントの発展について紹介する。

 前回は、契約の本質的な要素としてライフサイクル、関連契約、関連業務の存在があるということと、日本企業が契約まわりの業務で抱える課題について整理をした。今回は、契約マネジメントの考え方と日本企業の相性、リーガルテック先進国であるアメリカでの契約マネジメントの発展について紹介する。

「契約マネジメント」の中身

 契約マネジメントとは、「“契約”は、契約を締結するその瞬間だけではなく、契約の検討開始〜交渉〜締結〜権利の確保と義務の履行まで、全てつながっている。しかも、企業の様々な部署・担当者が連携しなければ“契約”を実現できない。」という概念の下、契約全体をプロジェクトとして管理・マネジメントするという考え方、それを実現するためのサービスのことである。

 契約マネジメントは様々な要素から構成されるが、主なものとしては以下の3つの要素がある。

1.契約ライフサイクルマネジメント

 契約は“一度結んで終わり”というものは少数だ。多くの契約は、開始、期間満了による終了や更新、中途解除などの時間的要素を含んでいる。このような契約のライフサイクルを管理しようというのが、ライフサイクルマネジメントの考え方だ。

 例えば、不動産賃貸をしている会社は、何十、何百といった顧客と賃貸借契約を結んでいる。契約の開始、期間、更新の有無、賃料請求の時期といった様々な要素が、契約によって千差万別だ。これらを全て手動で管理していると、人的ミスが生じる危険性が高まる。

 契約ライフサイクルマネジメントを実現することにより、このような要素を全て自動で管理することができるため、確実に契約の更新をすることができ、ミスを未然に防ぐことができる。

2.リーガルプロジェクトマネジメント

 先述したように、契約はどこか一場面を切り取っただけでは管理しきれない。契約内容を検討し、交渉、締結するまでのスケジュール、結ぼうとする契約に潜む法的リスクの度合い、契約交渉にあたる部署や担当者と法務部をはじめとしたバックオフィスとのコミュニケーション、契約にかかるコストの管理、契約を結ぶために必要な業務フロー、契約締結後に必要な権利確保や義務履行のタスク管理、ライフサイクルに応じて発生する業務など、ひとつの契約をとってみても、管理しなければならない要素は多岐にわたる。さらに、一つの目的を達成するために複数の契約が絡み合う事例は多い。こうした特質を備える契約を一つの「プロジェクト」として捉え、管理をしていく考え方がリーガルプロジェクトマネジメントだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2558文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]