コラボレーション コミュニケーション

リモートワークの課題やオープンフロア型の人気--最新オフィス環境の実際

米国の大学が最新の職場環境について調査したところ、満足度と生産性が高いと回答した人の割合が最も多かったのは、プライベートオフィスで働く人たちだった。リモートワークには気が散る要因が多く、同僚との連携が難しいという課題があることも分かった。

 「I need solitude. I need space」(私は孤独が必要だ。私には空間が必要だ)。ヴァージニア・ウルフのこの言葉に、職を持つ人のほとんどが賛同しているようだ。オリベットナザレネ大学の調査によると、プライベートオフィスで働く人は幸福度が最も高く(90%)、生産性も高い(83%)という。

 2019年11月に実施されたこの調査では、同僚とは異なる場所で働くからといって必ずしも生産性が向上するわけではないことも分かった。

 この調査で明らかになった、最新の職場環境に関する6つの真実を紹介しよう。

1. リモートオフィスでの勤務には課題がある

 回答者の半数以上(58%)が、生産性が下がったと答えている。80%の回答者がマルチタスクになっていることを認め、注意をそらすものがあることを「リモートワークにおける最大の困難」として回答する人が一番多かった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1829文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]