開発ツール

「R」言語の利用拡大とコミュニティーの多様化--H・ウィッカム氏が語る現状と展望

「R」向けにさまざまなパッケージを開発してきたハドリー・ウィッカム氏が、利用者の特徴、今後の目標、ユーザーコミュニティーの多様化などについて語った。

 統計学者やデータサイエンティストの間で、「R」言語は便利で使いやすいデータ分析用ツールであると説き勧める活動が盛んになっており、Hadley Wickham氏もその布教活動に参加している。

 データの操作を容易にする人気のパッケージ「dplyr」は、Wickham氏が中心となって開発された。同氏は他にも、「tibble」「ggplot2」「glue」「pillar」などを開発、または共同開発している。

 それらの多くは、The New York Times、Facebook、Googleなどの企業で広く使われており、Wickham氏の支持者たちは、同氏が開発したものを「tidyverse」と呼ぶ

 「そもそも、主に使用していたのは統計学者たちだったので、Rの使用者は統計学の博士号を持っているというのが前提だった」とWickham氏は述べる。「データサイエンスの盛り上がりによって、Rの人気は大幅に拡大した。今では、多種多様なバックグラウンドを持つさまざまな分野の人々がRを使用し、データがどうなっているのかを把握しようとしている」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2257文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]