MDM

最適なMDMソリューションの選定--考慮すべき5つのこと

モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを選定する前に、組織が検討すべき5つのことを解説する。

 BYOD(私物端末の業務利用)を推進すると、IT部門がコアインフラストラクチャーとデータ資産を保護しながら、多種多様なデバイスをすべて管理する作業の複雑さが増す。利用するモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションを選定する前に、組織が検討すべき重要なことが5つある。選択を誤ると、時間やコスト、生産性の損失を招くだけでなく、自社のニーズや懸念に完全には対応できないソリューションを使わざるを得ない状況に陥る可能性もある。

1. 開発者フレームワークを完全にサポートする

 MDMソフトウェアは、主にモバイルデバイスにポリシーと制限を適用することで機能する。これらのポリシーはソフトウェア開発者が作成したフレームワーク(設計図のようなもの)に基づいており、これらのフレームワークによって、デバイスを制御できる方法と制御できない方法が規定されている。多くのMDMソリューションは、開発者フレームワークを完全にサポートしているので、すべてのポリシーを管理に利用できる。その一方で、特定の機能しかサポートしないソリューションや、管理に利用できるポリシーを制限するソリューションもある。自社で管理する必要のあるデバイスおよびOSタイプ向けのすべてのフレームワークを完全にサポートするプロバイダーを選ぶのが得策だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1339文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]