オフィスソフト

「Excel」の新しい関数XLOOKUP--使いやすさや利便性がVLOOKUPから向上

「Excel」のVLOOKUPは広く利用されているが、列の追加や削除を行うと手動での変更が必要で、パフォーマンスの問題が起きる場合があり、行の検索はできない。こうした問題を解決するのが、新しい関数XLOOKUPだ。

 収支計算をしていて、海外でのすべての経費を納税申告書の通貨に換算する必要がある場合は、それぞれの経費が発生した日の為替レートの情報が必要になる。だが、レートを手入力する必要はなく、1日ごとの為替レートのリストを用意すれば、「Excel」にすべての経費の適切な為替レートを調べさせることができる。また、VLOOKUPを使うと、部品を部品番号で検索、従業員を従業員番号で検索、特定の国の国際ダイヤルコードを検索、という具合に、現在のスプレッドシートにコピーするのが妥当でない情報をマスターレコードのキーで検索することも可能だ。

 ただし、これを年に1度しかやらない人は、ExcelのVLOOKUP関数の使い方を調べる必要があるだろう。

 Excelで(SUMとAVERAGEに次いで)3番目によく使われる関数であるVLOOKUPは、複雑だ。デフォルトでは近似一致を探すが、これが必要になることはほとんどないため、VLOOKUPでは忘れずに「FALSE」を設定しなければならない。また、VLOOKUPは柔軟性に欠ける。検索対象のシートで列の追加や削除をした場合、SUMなどの関数と違って数式が更新されないので、手動で変更することになる。ソースデータの配置は、日付などのインデックス列が左側に、レートなどの必要な値が右側に来るようにしなければならず、為替レートが最も有利だった日や最も不利だった日を探すには、同じデータの順番を入れ替えた2つ目のコピーを用意する必要がある。検索順序を変更することはできないし、列ではなく行にある情報を調べたい場合は、HLOOKUPという別の関数を使用しなければならない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3576文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]