ウェブ会議

後発でも成熟市場で成長--ウェブ会議「Zoom」アーキテクチャの独自性

日本でもウェブ会議は普及し続けているが、後発組である「Zoom」が日本市場に参入した。成熟市場とも見えるウェブ会議だが、同社によると、そうではないという。日本法人トップに話を聞いた。

――Zoomは米国大手企業で採用されているが、広くユーザーを獲得できた理由は何だろうか。

佐賀氏 軽く、切れず、つながりやすい、だろうか。日本のお客さまからも同様の評価をいただいているが、「機能追加はありがたいものの、基本的な安定性は堅守してくれ」といった意見は多い。これが数字で表しきれない部分。一度Zoomを使っていただければ気に入ってもらえる。

 満足度の高いサービスでもNPS(ネットプロモータースコア: 顧客推奨度)は50ポイント前後だが、Zoomは72ポイントをいただいた。お客さまがZoomに満足し、次の人に紹介してもらうのが、われわれの励みになっている。

 ウェブ会議の歴史を振り返ると、その時代のネットワークインフラに則したデザインが必要だった。たとえばWebexは18年前のネットワークに沿ったデザインだが、Zoomは6~7年前のテクノロジーに則している。同時にデバイスの性能向上も大きい。専用機を用意せずとも、汎用機で処理できるほどデバイス性能が高まっている。

安田氏 Zoomは特定のハードウェアを必要としていない。室内にマイクとスピーカー、そしてカメラを設置すればオンライン会議を手軽に構築できる「Zoom Room」も利用するまでの障壁は低い。

 よくお客さまから「会議室にサーバーを置きたくない」という声をいただくが、当然ながらZoom Roomの利用にサーバーは不要のため、運用コストも抑制できる。

――社内のZoom利用という観点で気になったのだが、Zoomを導入する部署に傾向はあるのだろうか。

佐賀氏 Zoomは営業部やマーケティング部、人事など部署単位で利用開始し、そこからIT部門に提案、全社導入に進むことが多い。部門単位の導入でお困りの声を聞くのが「シャドーIT」。

 ウェブ会議システムに投資したはずなのにリターンが不明確な状態に陥ってしまう。Zoomが重宝されるのは、無償と有償のアカウントを含めて社内利用状況を可視化できる点。ダッシュボードを見れば利用率と費用対効果が分かる。

Zoomダッシュボードから利用者のデバイスや接続形式、利用時間などを確認できる
Zoomダッシュボードから利用者のデバイスや接続形式、利用時間などを確認できる

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]