ウェブ会議

後発でも成熟市場で成長--ウェブ会議「Zoom」アーキテクチャの独自性

日本でもウェブ会議は普及し続けているが、後発組である「Zoom」が日本市場に参入した。成熟市場とも見えるウェブ会議だが、同社によると、そうではないという。日本法人トップに話を聞いた。

――カントリーゼネラルマネージャー就任以前、佐賀氏の目にZoomのアーキテクチャはどのように映っていたのか。

佐賀氏 ヴイエムウェア時代はユーザーとしてZoomを使っていたが、軽く、切れず、つながりやすさに感動していた。加えて(既存のものと)世界観が大きく異なる方が印象深い。テレビ会議は暗い部屋を2つや3つ、つなげるという世界観、ウェブ会議もPowerPointをにらめっこしながら会議するという世界観だ。

 Zoomはジェスチャーや相手の顔を見る“コミュニケーション”を重要視しており、会議そのものを明るく前向きにする世界観。新しい働き方を強く感じた。

 働き方を変えるには、これまでの延長では足りない。相手に熱意が伝わる世界観が必要だ。コミュニケーションの中核に映像を置く必要がある。「メラビアンの法則」(言語情報は7%、聴覚情報は38%、視覚情報は55%の割合で他者に影響を及ぼす。7-38-55ルールとも呼ばれる)ではないものの、この世界観を訴求したいと考えている。

Zoomミーティングは「1画面に同時49人。スクロールすれば1000人まで映し出せるので、会議の空気が大きく変化する」(佐賀氏)。参加者は自分が映る背景を好きなものに変えられる。こうした機能を標準で搭載する
Zoomミーティングは「1画面に同時49人。スクロールすれば1000人まで映し出せるので、会議の空気が大きく変化する」(佐賀氏)。参加者は自分が映る背景を好きなものに変えられる。こうした機能を標準で搭載する

時代にあったテクノロジーを生かす

――これまでのウェブ会議は“話す”ことに焦点を当てていた。Zoomは“同じ職場にいる”ように使えるのが大きなポイントだろうか。

佐賀氏 実際、「今日は外からウェブ会議に参加するから、聞いているだけにしよう」というケースが多かったと思う。

 だが、Zoomは顔の表情を映し出し、声も行き交うので、熱意を持った会話ができる。例えは古いが、WindowsとmacOSの関係に近い。機能は類似していても文化や世界観が異なる。

 これまでのテレビ会議も重役会議などに使用する場合は15分前に準備する感覚だが、Zoomがあればワンタップで(ITリテラシーの低い)役員でもオンライン会議に参加できる。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]