クラウドサービス 日立製作所 日本マイクロソフト

京都信金、情報系システムをAzureに移行--勘定系のクラウド移行可能性視野に

京都信用金庫が21のサーバーで構成する情報系システムを「Microsoft Azure」へ移行。新しい技術の活用、BCP対策などを果たしつつ、その他システムの移行も視野に入れている。

 京都府を中心に91店舗を運営する京都信用金庫(京都市下京区、単体従業員数1674人)は、情報系システムをクラウドサービス「Microsoft Azure」に全面移行。ITの新技術を活用できる環境整備、事業継続(BCP)対策などが視野にあるという。環境構築を担当する日立製作所が発表した。

 全役職員が利用するイントラネット、社内のあらゆる情報を管理する総合データベース、融資稟議システムなどの21のサーバーが移行対象。情報系システム基盤をクラウド化し、顧客情報管理システム(CRM)や融資稟議、顧客とやりとりした内容のメモデータ「コンタクト履歴」など、営業活動に関わるさまざまな大規模データをクラウド上で一元管理するという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]