RPA

RPA「UiPath」活用のコツ--KDDIや電通、損保ジャパンなどの実際をみる

2019年1月にRPAソフトウェア「UiPath」のイベントが開催された。KDDIや電通、損保ジャパン、富士フイルム、大日本印刷、三井フィナンシャル、三井住友信託が登壇して、RPA活用の現場を話した。

 プロセスを実行する「Robot」のほか、自動化したいプロセスとして定義する「Studio」、運用を管理する「Orchestrator」など、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールをプラットフォーム製品として展開する「UiPath」。

 2019年1月30日には「#UiPathForward Japan」を開催。活用ユーザーや導入を支援するパートナーなどが登壇。それぞれから見た導入の秘訣を紹介している。いずれも同じツールで成果を上げているものの、対象業務や開発担当者など運用方法はさまざまだ。読み比べ、同じ点や異なる点の把握、RPA導入の成功への手助けとしてほしい。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]