SaaS

2010年代の主要SaaS企業--クラウドサービスが急成長した10年を振り返る

SaaS市場は2010年代に大きく成長した。数あるSaaS企業の中でも、2010年代に特に目覚ましい成果を上げた企業を紹介する。

 クラウドベースのコンピューティングサービスは世界中の企業や組織で広く採用されており、この流れは驚くべきペースで加速し続けている。Gartnerによると、全世界のクラウドの総売上高は2019年末までに2143億ドルに達する見通しだという。これに対し、TechJuryが試算した2010年の世界のクラウド総売上高は、わずか246億5000万ドルだった。10年間でほぼ10倍に増加したことになる。

 Gartnerの統計を詳しく見ていくと、2019年はSaaS市場の規模が1000億ドル近くに達する見込みであることが分かる。2010年代のSaaS市場の成長が、クラウドコンピューティングサービス全体の成長に大きく貢献していることは明らかだ。しかし、サービスを提供している約1万2000社のSaaS企業のうち、2010年代に特に目覚ましい成果を上げたのはどの企業だろうか。

2010年代の主要SaaS企業

 実際の企業名を挙げる前にはっきりさせておきたいが、この主要SaaS企業のリストは完全に個人の主観で選んだものであり、測定可能な確固たる基準に基づいているわけではない。世界中の顧客に優れたサービスを提供しているSaaS企業は、文字どおり何万社もある。

 このリストの目的を考えて、クラウドコンピューティングサービス分野の明白なトップ3であるAmazon Web Services(AWS)「Microsoft Azure」「Google Cloud」は除外する。本記事では、これらの企業の集合的なサービスは、PaaSまたはIaaSに分類されるものとみなす。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3645文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]