人事・労務

今から始める“未来の働き方”--なぜ検討すべきか、何が不足しているのか

2020年までには、デジタルネイティブである“Y世代”と“Z世代”が世界の企業雇用者の半数近くを占めるようになると指摘されている。そうした彼ら彼女らが求める職場の未来を考えてみる。

 大衆文化に描かれる製造では、労働者が組み立てラインに立ち、手でモノを作っている場合がほとんどです。現代の実際の生産施設はこれとは大きく異なり、従業員とロボットが一緒に働き、また遠くない将来には人工知能(AI)をのせたロボットによってリアルタイムの協業すら可能になると思われます。

 従業員は現場の製造プロセスをデスクトップPCやノートPC、あるいはタブレットを通じて監督し、メンテナンスやアップデート、管理作業は遠隔操作で行われます。機械や製造する商品のためのアプリケーション作成はアジャイルな生産工程の一環として急速に組み込まれてきており、またグローバルに分散したチームによってオンラインで行われるようになっています。

 すべての産業分野の多くの企業において、Future of Workはこのようになると思われます。

 デジタル革命は、仕事がはるかに柔軟でアジャイル、動的、かつユーザーフレンドリーなものとなる、未来の職場環境への可能性を拓きました。仕事がオフィスの机など特定の場所、午前9時から午後5時までの勤務時間、あるいは特定の構成の機器に固定されていた時代はもはや過ぎ去りました。今日の仕事はモバイル機器があればどこでも、また時間帯をまたがって、いつでも自ら選択したアプリケーションを使って安全、柔軟に行うことができます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1961文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]