IaaS クラウドサービス

「Azure」への移行を進めるLinkedIn--最大の狙いは先端技術の早期採用

LinkedInは、自前のデータセンターから「Microsoft Azure」への移行を進めているが、それはマイクロソフトの子会社だからではない。LinkedIn単独では用意できないようなテクノロジーを利用できるからだ。

 LinkedInは自社データセンターの運営に莫大な額を投資している。「Open Compute Project」(OCP)に似たプロジェクトであり、19インチラックをベースとする「Open19」を立ち上げたほどだ。また、Microsoftの「SONiC」ネットワークOSに大量のコードを提供し、自社データセンターネットワークに必要な機能をサポートしている。だが今は、「Microsoft Azure」への移行を計画中だ。

 最初の発表から数カ月後、米TechRepublicはLinkedInの最高技術責任者(CTO)であるRaghu Hiremagalur氏にインタビューし、クラウドに移行する理由とこれまでの進捗について聞いた。移行の理由は、Microsoftが親会社だからというわけでも、同社から圧力を受けているからでもなく、LinkedIn単独では構築できない新しいハードウェアやサービスを利用して拡大を図る機会であるからだという。

真のハイパースケール

 まず、Open19が主眼を置くのはデータセンター運用の簡素化とコスト削減だが、Azureに移行すると、新たにデータセンターを増築する必要がなくなる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4250文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]