RPA AI・機械学習

RPAソフト「Automation Anywhere」搭載の「IQ Bot」がもたらす内製化の重要性

RPAソフト「Automation Anywhere」で利用できる「IQ Bot」は、紙のドキュメントにある文字をOCR化してテキストにしてくれる。この機能はユーザー部門がロボットを内製化するためのカギになるという。

 オートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)は12月11日、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)関連の光学文字認識(OCR)を組み込んだ人工知能(AI)技術「IQ Bot」に関する記者説明会を開催した。

RPA活用の成否を分ける「内製化」

 説明会の冒頭、AAJのパートナーマーケティングでシニアマネージャーを務める米田真一氏が同社RPAプラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise A2019(Enterprise A2019)」が発表された2019年10月以降における市場状況や同社に関するアップデートを紹介した。

 Automation Anywhereは現在、全世界で顧客数が3500社を超え、170万ロボット以上が導入されており、1社あたり約500ロボットが使われていることになるという。同社では、RPAのロボットを"デジタルの派遣社員"と言える「デジタルワークフォース」と捉えていることから、「1社で500人の仮想労働者を派遣しているのと同じ」と米田氏。同社では、2020年までに300万のデジタルワークフォースを雇用する世界最大の企業になることを目指しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4114文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]