BI BI/DWH

MSの知識管理サービス--Microsoft Graphと機械学習を利用する「Project Cortex」

「Project Cortex」は、マイクロソフトが手がける新たなナレッジマネジメントサービスだ。機械学習と「Microsoft Graph」を利用して、さまざまな形式のファイルや、企業ソーシャルネットワークから知識を抽出する。

 Microsoftの「Office 365」から「Microsoft 365」への移行はほぼ完了しつつあり、OS、管理ツール、生産性プラットフォームが1つのサブスクリプションサービスに統合され、それを「Microsoft Graph」という接続層が支えている。同社は先ごろオーランドで開催した「Microsoft Ignite」イベントで、Microsoft 365の第4の柱と呼ぶものを発表した。それが「Project Cortex」だ。

 Project Cortexは、最新のナレッジマネジメントサービスと考えるのがいいだろう。Microsoft 365の重要な側面を統合して、ユーザー企業とその業務に関する質問の答えを見つけられるようにするサービスだ。なじみのあるツールがベースとなっており、「Bing」を通して仕事関連のクエリをブラウザーに追加する「Microsoft Search」ツールの進化形と言えるかもしれない。

 Microsoft Searchは、コンテキストベースの検索に主眼が置かれており、検索元のツールを使用して根底のクエリの精度を高めていた。「Outlook」で検索するのは主に電子メールで、「Word」ではドキュメントになる。しかし、ユーザーが探していそうな答えをうまく見つけてくれるとはいえ、これはやはりイントラネット検索ツールだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3040文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]