帳票管理 チャット AI・機械学習

倉庫作業の報告書をチャットボットで作成--スマートフォンで入力して自動化

物流のアウトソーシングを事業とする中央は、チャットボットを活用したドキュメント作成サービス「SPALO」を採用。倉庫での入荷や出荷などの作業報告書をスマートフォンで作成して自動化を図っている。

 倉庫業から物品の仕分け、梱包や発送まで、“物流のアウトソーシング”を事業とする中央(墨田区、単体従業員数193人)は、ドキュメント作成サービス「SPALO」を導入。業務の効率化とペーパーレスを実現しているという。12月10日、SPALOを開発、提供するビズオーシャン(中央区)が発表した。

 ネット通販の発送代行などでは作業内容が顧客ごとに異なり、確認用の帳票が複数存在。倉庫内での確認項目も多く、手書き帳票を基幹システムに再入力する必要もあったという。書き間違いや用紙の紛失などが恒常的に発生していたとしている。

 スマートフォンからビジネス帳票を作成できるSPALOへ、作業内容をマスターとして登録。帳票ごとに存在していた作業を一元化したという。

 現場の作業員が目視で確認していた計算や突き合わせ、システムへの入力なども自動化。計算間違い、記載漏れ、帳票の紛失などのミスを削減、二重入力を廃止。ペーパレス化にも貢献したとしている。

導入前後の業務イメージ(出典:ビズオーシャン)
導入前後の業務イメージ(出典:ビズオーシャン)

 SPALOは、チャットボットと人工知能(AI)を活用した対話型ドキュメント作成サービス。LINEやLINE WORKS、Facebook Messenger、Slackなどのチャットサービスに必要な情報を対話形式で入力すると、内容をWordやExcelのフォーマットに合わせて正しいセルにマッピング。帳票を完成させるという。音声での入力も可能。

 プランは2種類。自分でボットを作成できる「スパロメーカー」は税別月額利用料500円から。自分の環境に合わせたボットを注文できる「スパロオーダー」は要問い合わせ。

「帳票管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]