オフィスソフト

Wordの共同編集パフォーマンスが向上--「Office 365」更新動向【1911版】

Excelで配列数式使用時に「Ctrl」+「Shift」+「Enter」キーを押さずに「Enter」キーで確定すると、数式の結果が複数のセルに書き込まれるようになった。

Excelは6つの新関数を追加

 Microsoftが米国時間12月3日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによればバージョン1911(ビルド12228.20332)へ更新したWindowsデスクトップ版は、既知の問題に対する修正が多い。

 たとえばOffice 365全般では、更新プログラムの取得先を指定してもOffice CDN(Content Delivery Network)から予期せずダウンロードする問題のほかに、Office展開ツールやグループポリシーによる更新プログラムの期限設定が継続的に適用されない問題を修正している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1871文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]