開発ツール

S・ウルフラム氏が描く夢(後編)--ルール30の発見と「計算言語」の可能性

「Wolfram|Alpha」の生みの親であるS・ウルフラム氏が、プログラミングの未来について語った。後編では、ウルフラム氏が発見したルール30や、同氏が「計算言語」と呼ぶ「Wolfram」言語の特徴などを紹介する。

 「Mathematica」「Wolfram|Alpha」「Wolfram」言語を生み出した知の巨人が、プログラミング言語がどう発展すべきかを語った。その内容を前編と後編に分けて紹介する。今回はその後編。

Wolfram氏、ルール30を発見し、「新しい種類の科学」を執筆

 複雑な挙動は単純なルールから生じるという可能性を調べる研究において、Wolfram氏が自身の最も重要な発見の1つと考えるものが見つかった。それは、1次元セルオートマトンを詳しく調べていたときの発見だ。

 セルオートマトンで作成するモデルは、単純なルールがシステムの挙動を決定するということを示すもので、ルールによっては、複雑で一見ランダムな結果になることもある。Wolfram氏は、「ルール30」を発見したときに、セルオートマトンの重要性を実感した。同氏はルール30について、「自分が成し遂げた科学的な発見の中で、おそらく最も驚くべきもの」と述べている。

 下の画像は、ルール30を使って作成したもので、最初は空白セルの格子だった。格子の一番上の行の中央にある1つの黒いセルから始まり、続く各行のセルを黒色に塗るか、空白のままにしておくかは、周囲のセルの色によって決まる。ルール30のわずか4行の指示から、不規則で複雑なパターンが出現した。これを発見したWolfram氏は、「この基本的な現象こそが、最終的には、自然界に存在する大半の複雑さを生み出している」と主張するようになった

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3637文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]