PaaS

ハイブリッドクラウドを管理--MS「Azure Arc」

「Azure Arc」は、Azureの管理を拡張するとともに、Azureサービスがオンプレミス、マルチクラウド、エッジにまたがって実行できるようにするソリューションだ。クラウドのメリットをオンプレミスで得られるという。

 クラウドのメリットを自社のデータセンターで活かすにはどうすればいいのだろうか。Microsoftはしばらくこの問題について考えを巡らせ、さまざまなソリューションを考案した。その一翼を担うのが、「Azureとの一貫性」があるハードウェアポートフォリオで、これはラックベースの「Azure Stack Hub」から始まり、小規模なものではIoTとエッジコンピューティング向けの「Azure Stack Edge」ハードウェアがある。しかし、どれも新しい専用のハードウェアへの投資が必要だ。自社の既存のインフラストラクチャーを使用したい場合は、どうすればいいのか。

 そのニーズに応えるのが、先ごろ発表された「Azure Arc」だ。現代的なクラウドアプリケーション向けのアプリケーションレベルのコントロールプレーンであるAzure Arcは、「Azure Portal」から管理され、なじみのあるAzureのコンセプトとツールを使用して、ユーザー企業のサーバーや他のパブリッククラウドで実行中の仮想マシンと「Kubernetes」にアプリケーションと管理ポリシーを配信する。

Azure Arcとはどんなものか、どんなものでないのか

 Azure Arcがどんなものなのかを理解するのは、少し難しい。初期のブログ投稿やMicrosoftのウェブサイト上の仮ページは、技術情報というよりマーケティング資料の性質の方がはるかに強い。だが、Microsoftが先ごろ開催した「Ignite」イベントで、Azure Arc担当チームのメンバー数名に話を聞くことができ、Azure Arcがどんなものなのか、はっきりしてきた。また、こちらの方が重要かもしれないが、どんなものでないのかも、よく理解することができた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3507文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]