IaaS

AWSが強化するカスタムプロセッサーへの取り組み

AWSは、「Nitro」ハイパーバイザープロセッサー、「Arm Neoverse」コアを使用する「Graviton」CPUの第2世代バージョン、推論を重視する新しいAIモデル訓練用Arm CPUなどの自社のカスタムプロセッサーの重要性についてアピールしている。

 AWSの最高経営責任者(CEO)のAndy Jassy氏は、ラスベガスで開催された「re:Invent 2019」での基調講演で、同社のカスタムプロセッサー、具体的には、「Nitro」ハイパーバイザープロセッサー、「Arm Neoverse」コアを使用する「Graviton」CPUの第2世代バージョン、推論を重視する新しいAIモデル訓練用Arm CPUの重要性についてアピールした。

 「Graviton2」プロセッサーは、第1世代Gravitonを担当したAmazonのAnnapurna Labsチームによって社内で設計されたものであり、7ナノメートル製造プロセスでカスタマイズされた64ビットのNeoverseコアを提供する。Graviton2を搭載した製品には、最大64個のvCPU、25Gbpsのネットワーク帯域幅、18GbpsのEBS帯域幅が含まれる。米ZDNetのLarry Dignan記者はGraviton2について、詳細な記事を執筆している

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1504文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]