コールセンター・コンタクトセンター デスクトップ仮想化 Plus AWS

コンタクトセンターをクラウドにして“持ち運び”--テレワークとBCPを両立

プラス ジョインテックスカンパニーは、コンタクトセンターをパブリッククラウドに移行した。仮想デスクトップサービス(DaaS)と組み合わせることで「持ち運びができるコンタクトセンター」を実現している。

 老舗の文具、オフィス家具メーカーであるプラス(港区)の社内カンパニーの一つで法人向け流通を事業とするジョインテックスカンパニー(ジョインテックス、港区、従業員数約500人)は、販売店向けオフィス用品の卸購買サービス「JOINTEX」を中心に、企業向けのオフィス用品通販サービスの「smartoffice」、介護施設向けのデリバリーサービス「スマート介護」、学校、幼保園向けの通販サービス「smartschool」を運営している。自社だけでなくパートナー製品も取り扱い、各地の営業拠点とも連携。ユーザーにはリピーターも多く、コミュニケーションに重きを置く“人がいる通販サイト”を標榜しているという。

 運営するコンタクトセンターのシステムリプレースにあわせてクラウドベースのコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」を採用。仮想デスクトップサービス(DaaS)「Amazon Workspaces」と併用し、“持ち運べる”コンタクトセンターを実現したという。

情報システム部門主導で業務改革

 同社は現在、ITを活用した業務改革に取り組んでいるという。

 例えば、地方の販売店などの合弁会社という成り立ちで企業文化や情報システムの管理が拠点ごとにばらばらという課題に対し、拠点ごとのファイルサーバーをAmazon Web Services(AWS)上のストレージに統合。共有化したことでファイルの交換場所に留まらない、拠点間の情報交換場所としても機能しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3199文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]