文書管理 アステリア

鴻池組、会議のペーパーレス化で年200時間削減--残業や休日出勤を削減

鴻池組は社内会議をモバイルコンテンツ管理(MCM)ソフトウェア「Handbook」でペーパーレス化。経営会議では、最大200ページの資料を印刷、製本しているが、差し替えなどがあるために会議のための準備作業が発生していたという。年間約200時間を削減できるとしている。

 大手建設会社の鴻池組(大阪市中央区)は経営会議など13種類の社内会議をモバイルコンテンツ管理(MCM)ソフトウェア「Handbook」でペーパーレス化、作業工数を年間約200時間削減できるという。Handbookを提供するアステリア(旧インフォテリア)が11月28日に発表した。

 2021年に創業150周年を迎える鴻池組は東京と大阪に2つの本店を構えるほか、国内に11の支店と技術研究所、2つの機材センターがあり、海外に6つの拠点を据えている。従業員数は1738人、2018年9月期の連結売上高は2511億3800万円。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約634文字 ログインして続きを読んでください。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]