セキュリティ 人事・労務

企業による勤務中の監視、過半数の従業員が許容--雇用状況や年代によって差

企業が勤務中の従業員の行動を監視することを、当の従業員たちはどう考えているのだろうか。ある調査で、企業側に理解を示す声が過半数の55%に達した。雇用状況、年代によっても差があるようだ。

 企業は長らく、従業員の監視が可能な状態にある。業務用コンピューターの使用時間をチェックすることもできるし、キー入力の内容の確認や、会社発行の個人メールへのアクセスも可能だ。これは、ビッグブラザーによる監視の恐怖が人々に植え付けられているということなのだろうか。Horizonが先ごろ実施した調査「Finger on the Pulse」によると、そうではないようだ。

 実際に、調査対象者の半数以上(55%)が、会社には従業員の行動を監視する権利があると答えている。また、13%の人が「私は完全に会社の味方だ。私の会社は、メール、ビデオ、音声録音、その他必要と考えるものを何でも使って、私の勤務中の一挙手一投足を監視する権利がある」と回答し、42%が「私はある程度会社の味方だ。会社のデバイスを使っているときに、メールや電話の内容を監視されるのは構わない。ただし、それ以上のことはやり過ぎだと思う」と答えた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1070文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]