人事・労務

テクノロジーが変える人事の役割--未来に備えるための5つの戦略

AIなどの影響で、人事担当者の仕事は大きく変化していくだろう。ガートナーのリサーチャーが、未来の人事の仕事に備えるための5つの戦略をまとめた。

 Gartnerのプレスリリースによると、最高人事責任者(CHRO)のうち、自分の属する組織が未来の仕事に備えることができていると回答した人は、わずか9%だったという。

 テクノロジーは人事担当者の職務に大きく影響している。Sage Peopleの「Changing the Face of HR」レポートでは、HR責任者の82%が、自分たちの役割は今後10年ですっかり変わってしまうと予想した。Gartnerのプレスリリースは、HRの役割が変化している理由として、テクノロジーがHRの働き方を変えている点を挙げており、とりわけ人工知能(AI)の影響が大きいとしている。

 Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントとして著名なBrian Kropp氏は、人事担当者がテクノロジーの統合と併せて検討すべき事項として、AIツールをどのように使うのか、従業員がAIツールをどう使うのか、それによって職場での交流がどのように変わるのか、という点を指摘する。

 「突き詰めていくと、(HRの変化は)仕事自体の変化する性質をとりまく多数の要因に左右される」。Sage PeopleのバイスプレジデントであるPaul Burrin氏はこのように述べる。「現在は複数の問題が同時に起きている最悪の事態だ。従業員は実質的にどこでも好きな場所で働き、いつでも好きな時間に働いている。人材不足や、世界的なスキルの危機もある。従業員のエンゲージメントの欠如は大きな問題だ。GDPRやCCPAなど、新しいデータプライバシーとデータ保護に関する新しい規制もある。さらに、テクノロジーやAIのようなものは常に変化し続けている」

 Kropp氏は、将来を見据えるHR責任者たちが組織を成功に導くための5つの戦略をまとめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2210文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]