AI・機械学習

子どもの時の失敗が一生つきまとう?--忘れないAI、人間が許し方を教えるべき

自らのデータへのアクセスを第三者が取得することに関し、われわれは警戒心を強めがちであるが、アルゴリズムそのものについてはどうだろう?

「私たちには日常的に考えなくてはならないことが多すぎますし、新たに修得し覚えなくてはならないことが多すぎます。新しい様式、新しい知識、新しい技術、新しい言葉……。しかしそれと同時に、どれだけの時間を経ようと、途中で何が起ころうと、決して忘却することのかなわないものがあります。すり減らない記憶があります。かなめ石のように自分の中に残るものがあります」(村上春樹『海辺のカフカ』)

 最近のMicrosoftのレポートによると、AmazonのAlexaやAppleのSiriなど、デジタルアシスタントのユーザーは、潜在的なプライバシーの懸念よりも利便性を重視し続けている。80%のユーザーは、こうしたデバイスの有用性に満足しており、デバイスの取得データの安全性を心配する人は、わずか半数程度(41%)だった。

 以前も記した通り、このことは、デジタル時代を生きる一人ひとりが考えるべきトレードオフの問題であり、答えに正しいも間違いもない。しかし、告知が行われた場合と非告知の場合があり、バーチャルアシスタントに与えたデータの使途について、今回の調査回答者がしかるべき検討や判断を行ったとは考えにくい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3095文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る
  3. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を
  4. エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ
  5. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]