BI Tableau Japan株式会社

日本企業のデータ活用レベルは“発展途上”--小売大手7&Iも人材に悩む

TableauとIDCが開発した“データ対応力指標”をアジア太平洋地域で見ると、日本はオーストラリアやシンガポールについで3位となっている。だが、詳細を見ていくと、日本企業のデータを活用する能力はそれほど高くないことが分かる。

 Tableau Japanは11月28日、IDCとともに開発した“データ対応力指標(Data Readiness Index:DRI)”を使用し、アジア太平洋地域と日本の調査結果を発表した。日本のDRIスコアはオーストラリア(3.54ポイント)、シンガポール(3.52ポイント)に次いで3位の2.74ポイントとなっている。だが、“発展途上レベル”に位置する組織数が最も多く82%を占める。

 Tableau Japan社長 佐藤豊氏はDRIについて「ビジネスパフォーマンスを測定し、データをビジネスの価値に変換することに特化」することが目的と説明。データドリブン文化の醸成に「成功する企業と失敗する企業の大きな差は『アジャイル』『成熟度』『コミュニティー』にフォーカスするケースが多い」とデータドリブン文化を企業に浸透させるフレームワーク「Tableau Blueprint」をアピールした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2665文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]