コラボレーション BI RPA

「Microsoft Teams」「Power Platform」の連携強化--管理や自動化の機能が充実

「Microsoft Teams」に「Power Platform」ツールを追加できるようになる。ユーザーが作成した「PowerApps」アプリをIT部門が管理する機能などが提供される予定だ。

 「Microsoft Teams」は「Slack」の競合とみなされることが多いが、実際にはチャットクライアントではない。チャットやビデオ会議にも使用できるが、「Microsoft SharePoint」を使うための優れたインターフェースという面が強い。Teamsの新しい「Files」ビューには「OneDrive」と同じファイルプレビュー機能があり、ファイルを開かなくてもPDFや360度動画を閲覧することができる。Teamsには新しい「Tasks」ビューもあり、Teamsや「Microsoft Planner」「Microsoft To Do」で作成したタスクがすべて同じ場所に表示される。

 だがTeamsは、なじみ深いデスクトップ「Office」アプリ以外の「Office 365」サービス、たとえば「Power BI」とのインターフェースとしても有用だ。

 Teamsのリリース当初から、Power BIダッシュボードをタブとしてピン留めできる機能があり、必要なツールの1つに手軽にアクセスできるようになっている。これはおそらく、チャットで質問を受けて調べ物をする必要が生じた場合や、単に調べ物をする際に、どうせ開くのならスタートメニューやタスクバーよりもTeamsにピン留めしておく方が便利だからだろう。というのも、チームのドキュメントライブラリー、OneDriveフォルダー、関連する基幹業務アプリの隣に配置できるからだ。

 現状では、Power BIダッシュボードをTeamsにタブとして追加する場合、ダッシュボードのURLを知っている必要がある。だが間もなく、新しいPower BIタブをTeamsに追加する際に、チームで使用しているダッシュボードや他のユーザーから共有されているダッシュボードがすべて一覧表示されるようになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3539文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]