人事・労務

働き方や職場に見られる変化--HR関係者が考える今後

ニューヨークで先頃開催された「Work Awesome」イベントで、仕事の未来について識者たちが意見を交わした。現代の労働者たちは仕事をどうとらえているのだろうか。今後、働き方はどのように変わっていくのだろうか。

 先頃開催された1日限りのイベント「Work Awesome New York City」では、仕事の未来について熱い議論が交わされた。主な登壇者は、テクノロジー界の経営者、人事部門の幹部、執筆者、教授だ。

 登壇者たちは、目的が明確に提示された仕事が求められるようになっていることについて論じた。現代の働き手たちは自らの労働の価値を知ることを望んでおり、価値を明確に定義できる企業を探す人が増えている、という意見が多くのパネリストから出ている。

 「私も目的と利益は両立されるものだと考えている。目的があれば、自社のビジネスの長期的なプランを立てることができるからだ」。Siemensの人材およびリーダーシップ部門の責任者Pooja Anand氏はこのように述べる。同氏は「Reskill, Upskill, Vanish? The Future Of Talent In The World's Largest Organization」というプログラムのメインの登壇者だった。

 「しかし今、世界ではひどい分断が起きている。あらゆるものが変化し、今日流行しているものが明日には古くなってしまう。一貫性を保つにはどうしたらいいのだろうか。多様なビジネスポートフォリオを世界に展開する当社のような規模の企業の場合、地政学的、文化的、経済的な違いがある状況で、全員を1つの目的の下にまとめるにはどうすべきだろうか」

現代の働き手が仕事に臨む姿勢

 専門家たちは、答えを出すのが特に難しい問題についても話し合う時間を取った。平均的な在職期間が大幅に短くなっていること、職場における自動化の効果、そして、企業が社員に真の目的を提示することは果たして可能なのか、といった問題だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2057文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]