クラウドストレージ

「Microsoft OneDrive」入門--企業向け機能も充実したクラウドストレージサービス

「Microsoft OneDrive」は、「Windows 10」の標準のクラウドストレージシステムだ。個人版と企業版の各プランと機能、競合サービスなどを解説する。

 常時稼働、常時接続のクラウドストレージは、当初は珍しい機能で、冒険心が強いIT通の人しか使っていなかったが、約10年の間に一般的な機能へと発展し、インターネット接続コンピューティングデバイスを持つほぼすべての人が使用するようになった。クラウドストレージシステムは今や、スマートフォンでもPCでも利用できて当然の標準機能だ。実際のところ、どんなクラウドストレージも利用できないコンピューティングデバイスは、消えゆく運命と言っていいだろう。

 「Microsoft Windows 10」ユーザーの場合、標準のデフォルトクラウドストレージサービスは「Microsoft OneDrive」だ。Windows 10の一般的なインストールの不可欠な部分として含まれている。この個人版のOneDriveでは基本的なクラウドストレージ機能を利用でき、文書、スクリーンショット、写真、ポッドキャストなど、一般的な種類のファイルを保存できる。

 「Microsoft Office 365」のサブスクリプションを利用している場合、標準のデフォルトクラウドストレージシステムは「Microsoft OneDrive for Business」だ。個人版と同じ機能に加えて、生産性アプリケーションや業務に重要な拡張機能をいくつか利用できる。OneDrive for Businessで利用できる機能群は、Office 365の各サブスクリプションと明確に関連付けられている。

 ITリーダーがMicrosoft OneDriveに関する情報を短時間で把握できるように、米TechRepublicはMicrosoftの標準クラウドストレージシステムに関する最も重要な詳細情報を本記事にまとめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5116文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術
  2. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  3. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  4. 3タイプで傾向を分析! 飛躍するプレイングマネージャーの育て方
  5. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]