OCR AI・機械学習 販売管理

PARCO、免税処理電子化アプリ採用--10秒で処理、電子化の義務化に対応

PARCOが訪日外国人向け免税処理電子化アプリ「スマートデタックス」を採用。11月22日の渋谷店での運用開始を皮切りに順次展開していくという。

 ショッピングセンター「PARCO」など、全国で31店舗を運営するパルコ(豊島区、連結従業員数651人)は、訪日外国人(インバウンド)向け免税処理電子化アプリ「Smart Detax(スマートデタックス)」を採用。11月22日の渋谷PARCOのオープンを皮切りに手続きを電子化し、売上拡大を目指すという。11月21日、スマートデタックスを開発、提供するスマートテクノロジーズ&リソーシーズ(渋谷区)が発表した。

 訪日客は消費税が免税されるが、店頭では手書き、または光学文字認識(OCR)機、PC、専用のパスポートリーダーなどを活用して対応しているという。システム機材は大型で使い勝手が悪く、初期費用や運用費用、会計レジシステムの改修などのコストも課題としていたという。

 一方で、免税売り上げの増大に伴い業務負担が増加傾向。2020年4月には免税販売手続電子化制度が施行され、ペーパレスの義務化も控えているとしている。

 スマートデタックスは、OCRで免税販売手続きを電子化できるスマホアプリ。顔写真まで読み取れる自社開発の人工知能(AI)を活用しているという。専用の設備やレジシステムの改修は不要。約10秒の処理時間で、パスポートの読み取りから免税店に必要な購入者誓約書、購入記録票の自動作成、国税庁サーバーへの送信までができるとしている。

活用イメージ(出典:スマートテクノロジーズ&リソーシーズ)
活用イメージ(出典:スマートテクノロジーズ&リソーシーズ)

 ライセンスはデバイスごとに必要。料金は非公開だが、1万円以下を想定しているという。iOSに対応しており、Android版は2020年2月にリリース予定。

「OCR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]