PaaS

「Google Cloud Platform」で最初のプロジェクトを作成するには

「Google Cloud Platform」(GCP)は、クラウドベースの機能やツールを多数提供している。それらを利用するには、プロジェクトを作成する必要がある。

 クラウドコンピューティングサービスは、現代の企業にとって極めて重要である。ニッチを探している小規模な個人事業主であろうと、世界支配を目指す多国籍企業であろうと、どんなビジネスでも、クラウドサービスの適切な実装から競争上の巨大な利点を得ることができる。逆に、クラウドベースの利点を活用しなかったことがきっかけとなって、人々に忘れられ、衰退することもよくある。

 1回しか使用しないオンラインアプリケーションから本格的なIaaS(Infrastructure-as-a-Service)まで、さまざまなサービスやツールが多数のベンダーによって提供されている。さまざまなサービスを市場に提供しているそうしたクラウドベンダーの1つが、「Google Cloud Platform」(GCP)という名称で事業を運営するAlphabetだ。

 このチュートリアルでは、Google Cloud Platformで最初のプロジェクトを作成する方法を紹介する。

GCPで最初のプロジェクトを作成する

 「Microsoft Azure」やAWSといったほかのクラウドベンダーと同様、クラウドサービスにアクセスする最初の最も重要なステップは、アカウントを設定することだ。Google Cloudでは、同クラウドシステムの無料版のみを使用する場合でも、名前や住所、クレジットカードなどの情報を含む有効なGoogleアカウントを作成する必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1380文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]