PaaS

「Google Cloud Platform」で最初のプロジェクトを作成するには

「Google Cloud Platform」(GCP)は、クラウドベースの機能やツールを多数提供している。それらを利用するには、プロジェクトを作成する必要がある。

 クラウドコンピューティングサービスは、現代の企業にとって極めて重要である。ニッチを探している小規模な個人事業主であろうと、世界支配を目指す多国籍企業であろうと、どんなビジネスでも、クラウドサービスの適切な実装から競争上の巨大な利点を得ることができる。逆に、クラウドベースの利点を活用しなかったことがきっかけとなって、人々に忘れられ、衰退することもよくある。

 1回しか使用しないオンラインアプリケーションから本格的なIaaS(Infrastructure-as-a-Service)まで、さまざまなサービスやツールが多数のベンダーによって提供されている。さまざまなサービスを市場に提供しているそうしたクラウドベンダーの1つが、「Google Cloud Platform」(GCP)という名称で事業を運営するAlphabetだ。

 このチュートリアルでは、Google Cloud Platformで最初のプロジェクトを作成する方法を紹介する。

GCPで最初のプロジェクトを作成する

 「Microsoft Azure」やAWSといったほかのクラウドベンダーと同様、クラウドサービスにアクセスする最初の最も重要なステップは、アカウントを設定することだ。Google Cloudでは、同クラウドシステムの無料版のみを使用する場合でも、名前や住所、クレジットカードなどの情報を含む有効なGoogleアカウントを作成する必要がある。

 好みのウェブブラウザーで、検証済みアカウントを使用してGoogleエコシステムにログインする。Google Cloudのメインページに移動して、「Go To Console」(コンソールに移動)ボタンをクリックすると、図Aのような画面が表示される。

 注:暫定的なデフォルトプロジェクトが表示される場合もあるが、今回の例では、独自のプロジェクトを作成する。

図A
図A

 「Create」(作成)リンクをクリックして、新しいプロジェクトを開始する。図Bを見ると分かるように、無料トライアルのルールにより、利用できるプロジェクトの数には上限がある。もっと多くのプロジェクトを追加したい場合は、いずれかのサービスサブスクリプションレベルにアップグレードする必要がある。

図B
図B

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]