クラウドストレージ クラウドサービス

「OneDrive for Business」の新機能--改良を重ねるMSのオンラインストレージ

「OneDrive for Business」に有用な機能が次々に追加されている。同期機能の改善や、ファイル共有のセキュリティ強化など、新たな機能を紹介する。

 「OneDrive」は多くのユーザーのワークフローにおいて重要な役割を果たすようになり、Microsoftはウェブや「Windows」、その他のプラットフォームで改善を続けている。こうした変更は煩わしいと感じられることもあり、たとえば「Word」の新しい「File Save」ダイアログは、ファイルをOneDriveに保存させようとするが、頻繁に使用するフォルダーではなく、ファイルのルートが表示される。だが、多くの場合は有用な機能が追加され、管理ツールが増えることになる。

よりスマートに同期

 おそらく最も重要な新機能は、「macOS Mojave」以降での「Files on Demand」機能のサポートだろう。「Mac」を使っている人にとって、すべてのコンテンツを同期しなくてもOneDriveにアクセスできる機能は、歓迎すべきアップデートだ。古いMacを使用していて、SSDの容量が少なく、OneDrive全体をコピーすると問題が起きそうなユーザーは、特にうれしいだろう。Files on Demandを有効にすると、リモートファイルがmacOSファイルシステムの一部であるかのように表示される(オンライン状態でない場合も)。新しいファイルは自動的にオフラインで利用可能になり、特定のファイルを選択して、常に利用できるようにすることも可能だ。

 Microsoftはデスクトップ体験の一部として、Files on Demandを「Windows Server 2019」に拡張した。仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)を使用している場合、Windows Serverでホストされているユーザーは自分のOneDriveファイルにアクセスでき、管理者も重要なファイルやツールをマシン間で共有することができる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4252文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]