周辺機器 エプソン販売 セイコーエプソン

エプソン、複合機などのサブスクリプション対応を強化--中高速モデル拡充

エプソンがプリンターや複合機をサブスクリプションで提供する「スマートチャージ」向けの新モデルを発表。中高速モデルを拡充する。

 セイコーエプソン(エプソン)と国内での販売を手がけるエプソン販売は11月19日、合同でサブスクリプション型のサービスプラン「スマートチャージ」に対応するプリンターや複合機の新モデルを発表した。

 高速プリントが可能な「ラインヘッド方式」を採用するLXシリーズに「LX-10050MF」など3モデルと、「シリアルヘッド方式」を採用するPXシリーズの「PX-M7090FX」などの3モデル、計6モデル。高中速製品のラインアップを強化する。LXシリーズは2月上旬から、PXシリーズは1月下旬から順次発売する。

多くのインクジェットプリンターはシリアルヘッドを採用しているという(出典:エプソン)
多くのインクジェットプリンターはシリアルヘッドを採用しているという(出典:エプソン)

高速プリント可能なLXシリーズは60枚機追加

 LXシリーズには、毎分A4カラーを100枚印刷できるLX-10050MFのほか、75枚の「LX-7550MF」、60枚の「LX-6050MF」の3モデルのカラー複合機を投入。両面印刷などのパターン、用紙サイズなどに依存しない印刷速度を提供しつつ、60枚モデルを新たに加えた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1473文字 ログインして続きを読んでください。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]