DWH 日本テラデータ

テラデータDWH、GCPに対応--オブジェクトストレージへのネイティブ接続に対応

DWH大手の日本テラデータはDWH基盤の「Vantage」がGCPで稼働することやAmazon S3などのオブジェクトストレージにネイティブ接続するNOS機能を追加ライセンス不要で利用できるオプションなどを発表した。

 データウェアハウス(DWH)大手の日本テラデータは11月20日、2020年に向けたビジネス戦略と米本社Teradataが10月に開催した年次カンファレンス「Teradata Universe 2019」で発表した新製品と新サービスの提供開始を都内で発表した。

 米国時間11月7日に米本社最高経営責任者(CEO)であるOliver Ratzesberger(オリバー・ラッゼスバーガー)氏が退任し、前CEOであるVictor Lund(ビクター・ランド)氏が暫定プレジデント兼CEOに就任しているが、日本テラデータ代表取締役社長 高橋倫二氏はCEOの交代について「(Ratzesberger氏とLund氏の)2人の間に戦略ギャップはなく、製品ロードマップも変更はない」と語る。

 今回の記者会見では(1)「Vantage on Google Cloud Platfom」(2)「Consumption(Pay-as-You-Go) Pricing」(3)「Native Support for Low-Cost Storage」(4)「Hadoop Migration Service」(5)「Vantage Analyst」(6)「Vantage Customer Experience」――という6つのサービスや新製品をアナウンスした。

 Vantage on Google Cloud Platfomは、文字どおりTeradata Vantage(Vantage)のGoogle Cloud Platfom(GCP)版。これでAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、GCPと主要な3つのパブリッククラウドでVantageが利用可能となった。Vantageは従来のDWH向けデータベースである「Teradata Database」の後継。パブリッククラウドでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2281文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]