周辺機器

「Kinesis Freestyle Pro Quiet」レビュー--「UHK」キーボードと使用感を比較

「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)を先頃レビューした筆者にKinesisが「Freestyle Pro Quiet」モデルを送ってきた。両方のキーボードを比較してほしいという。

 「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)をレビューした筆者は、Kinesisから連絡を受け、UHKと「Freestyle」キーボードを比較した際に、旧モデルのKinesis Freestyleを使用していたことを指摘された。その明らかな「誤り」を正すために、Kinesisは1台のキーボードを貸与品として送ってきた。筆者の日々の活動を支えるUHKと比較してほしいという。

 受け取った箱を開けて出てきたのが、Kinesisの「Freestyle Pro Quiet」モデルだ。包装を解き、組み立ててみると、ある重要な機能が以前とは異なっていること、そしていくつかの機能は変わっていないことに気が付いた。

Kinesis Freestyle Pro Quietのスペック

 詳しい比較に移る前に、Kinesis Freestyle Pro Quietのスペックを確認しておこう。

  • OSサポート:「Windows」「macOS」「Linux」「Android」「Chrome」
  • メカニカルキースイッチ:「Cherry MX Quiet Red」、押下荷重45g、キーストローク4.1mm
  • サイズ:15.5インチ×7.25インチ(約39.37cm×18.41cm)
  • 重量:2.6ポンド(約1.17kg)
  • 長さ調節できる連結ケーブルの長さ:12〜21.5インチ(約30.48〜54.61cm)
  • USBケーブルの長さ:6フィート(約1.82m)

 これが基本ユニットだ。Kinesisからは、キーボードとは別に「Freestyle VIP3 Pro」も送付されてきた。こちらはパームレストと傾斜ユニットがセットになったアクセサリーだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2953文字 ログインして続きを読んでください。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]