周辺機器

「Kinesis Freestyle Pro Quiet」レビュー--「UHK」キーボードと使用感を比較

「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)を先頃レビューした筆者にKinesisが「Freestyle Pro Quiet」モデルを送ってきた。両方のキーボードを比較してほしいという。

 「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)をレビューした筆者は、Kinesisから連絡を受け、UHKと「Freestyle」キーボードを比較した際に、旧モデルのKinesis Freestyleを使用していたことを指摘された。その明らかな「誤り」を正すために、Kinesisは1台のキーボードを貸与品として送ってきた。筆者の日々の活動を支えるUHKと比較してほしいという。

 受け取った箱を開けて出てきたのが、Kinesisの「Freestyle Pro Quiet」モデルだ。包装を解き、組み立ててみると、ある重要な機能が以前とは異なっていること、そしていくつかの機能は変わっていないことに気が付いた。

Kinesis Freestyle Pro Quietのスペック

 詳しい比較に移る前に、Kinesis Freestyle Pro Quietのスペックを確認しておこう。

  • OSサポート:「Windows」「macOS」「Linux」「Android」「Chrome」
  • メカニカルキースイッチ:「Cherry MX Quiet Red」、押下荷重45g、キーストローク4.1mm
  • サイズ:15.5インチ×7.25インチ(約39.37cm×18.41cm)
  • 重量:2.6ポンド(約1.17kg)
  • 長さ調節できる連結ケーブルの長さ:12〜21.5インチ(約30.48〜54.61cm)
  • USBケーブルの長さ:6フィート(約1.82m)

 これが基本ユニットだ。Kinesisからは、キーボードとは別に「Freestyle VIP3 Pro」も送付されてきた。こちらはパームレストと傾斜ユニットがセットになったアクセサリーだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2953文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]