周辺機器

「Kinesis Freestyle Pro Quiet」レビュー--「UHK」キーボードと使用感を比較

「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)を先頃レビューした筆者にKinesisが「Freestyle Pro Quiet」モデルを送ってきた。両方のキーボードを比較してほしいという。

 「Ultimate Hacking Keyboard」(UHK)をレビューした筆者は、Kinesisから連絡を受け、UHKと「Freestyle」キーボードを比較した際に、旧モデルのKinesis Freestyleを使用していたことを指摘された。その明らかな「誤り」を正すために、Kinesisは1台のキーボードを貸与品として送ってきた。筆者の日々の活動を支えるUHKと比較してほしいという。

 受け取った箱を開けて出てきたのが、Kinesisの「Freestyle Pro Quiet」モデルだ。包装を解き、組み立ててみると、ある重要な機能が以前とは異なっていること、そしていくつかの機能は変わっていないことに気が付いた。

Kinesis Freestyle Pro Quietのスペック

 詳しい比較に移る前に、Kinesis Freestyle Pro Quietのスペックを確認しておこう。

  • OSサポート:「Windows」「macOS」「Linux」「Android」「Chrome」
  • メカニカルキースイッチ:「Cherry MX Quiet Red」、押下荷重45g、キーストローク4.1mm
  • サイズ:15.5インチ×7.25インチ(約39.37cm×18.41cm)
  • 重量:2.6ポンド(約1.17kg)
  • 長さ調節できる連結ケーブルの長さ:12〜21.5インチ(約30.48〜54.61cm)
  • USBケーブルの長さ:6フィート(約1.82m)

 これが基本ユニットだ。Kinesisからは、キーボードとは別に「Freestyle VIP3 Pro」も送付されてきた。こちらはパームレストと傾斜ユニットがセットになったアクセサリーだ。

 Kinesis Freestyle Pro Quietの価格は179ドルで、Freestyle VIP3 Proアクセサリーは40ドル。したがって、キーボード、パームレスト、傾斜ユニットの合計価格は219ドルになる(送料/手数料別)。一方のUltimate Hacking Keyboardは、パームレストと傾斜ユニットを含めた価格が275ドルだ(送料/手数料別)。

 UHKに、その高い金額に見合う価値はあるのだろうか。詳しく見てみよう。

Freestyle Pro QuietとUHKキーボードの比較

 まずKinesisのキーボードについて言いたいことがある。いくつか非常に興味深い機能があるが、すべてのプラットフォームですべての機能を使えるわけではない。たとえば、インストール不要の「SmartSet App」は、キーボードのレイアウトの確認や、マクロの作成と編集ができるアプリだが、WindowsとmacOSにしか対応していない。Linuxはサポートされていないため、筆者はこの機能をテストできなかった。

 UHKキーボードの方ではLinuxがサポートされている。レイアウトの調整やマクロの追加/編集をするには、「UHK Agent」をインストールして、それほど難しくないマクロ作成のタスクを習得すればいい。

 この小さな問題を除けば、Kinesisは私の記憶どおり、優れたキーボードだ。UHKに慣れ親しむようになった筆者も、Kinesisを使うと古い友達に再会したような気になった。レイアウトは実に見事な設計で、操作は快適だ。KinesisがFreestyleに加えた1つの改良点として、前モデルよりも全体的にしっかりとした作りになったと感じられる。UHKほど堅固な感じはしないが(UHKは戦車のようだ)、毎日それなりに酷使しても耐えられるほどには頑丈だ。

 そして、Freestyle ProはUltimate Hacking Keyboardと異なり、カーソルキーの標準セットが用意されているため(図A)、MODボタンを使いつつ、J、K、L、Iキーでカーソルを動かすという指の訓練は必要ない。

図A:Kinesisのカーソルキー。
図A:Kinesisのカーソルキー。

「周辺機器」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]