OS・ミドルウェア

「Windows 7/Windows 2008」サポートがまもなく終了--担当者が知っておくべきこと

マイクロソフトは2020年1月にデスクトップOS「Windows 7」とサーバーOS「Windows 2008」のサポートを終了する。ここでは、自社のシステムを守るためにすべきことを紹介する。

 どんなに素晴らしいものにも必ず終わりが訪れる。寿命を迎えつつある強力で人気の高いOSも例外ではない。Microsoftは米国時間2020年1月14日をもってデスクトップOS「Windows 7」とサーバーOS「Windows 2008」のサポートを終了する。これには、法人向けと消費者向けのWindows 7およびWindows 2008の全バージョンが含まれる(唯一の例外は、米連邦政府から認証を取得しているWindows 7ベースの投票システム)。

 だからといって、これらのOSが2020年1月15日から使用不能になるわけではないが、あらかじめ注意が必要だ。両OSのユーザーはMicrosoftのサポートを受けられなくなり、MicrosoftもそれらのOS向けのセキュリティパッチをリリースしなくなるので、それらのOSを搭載したシステムは危険にさらされる。

 小規模企業はMicrosoftからWindows 7の更新プログラムを購入できるが、サポートの最初の1年間は、「Windows 7 Enterprise」でデバイス1台あたり25ドル、「Windows 7 Professional」ではデバイス1台あたり50ドルを支払う必要がある。2年目と3年目については、料金が前年の2倍になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1572文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]