SDN/ネットワーク仮想化

SD-WANの展開をマネージドサービスプロバイダーに任すべき理由を考察する

SD-WANの展開は自社で行うべきと考える企業も多いと思うが、マネージドのサービスプロバイダーに任せた方がいいと考える理由を考察する。

 SD-WAN市場はまだ比較的初期の段階にあるものの急速に拡大しており、IDCをはじめとする業界アナリストによれば売上高の年平均成長率は69%に達し、2021年までに80億米ドルの規模にまで拡大すると予想されています。

 テクノロジーについては多数の企業が選ぶべきベンダーを含めて代替となり得る選択肢を検討していますが、その展開には問題や障壁も伴います。特に概念実証モデルを検討中の企業においては、繰り返し見られる問題がいくつか存在します。

 市場の成長を妨げている要因のひとつに、SD-WANには従来のMPLSと比較して数多くのメリットが存在するものの、もうしばらくMPLSで「間に合わせ」られるなら、十分であると多数の企業が考えていることがあります。MPLSは信頼できるテクノロジーですが、しかしこれが生まれてから25年が経過した今ではさまざまな制約が明らかになっています。

 SD-WANははるかに高速、安全、かつ信頼性に富み、今日のクラウドファーストの環境により適しています。しかし優位性が明らかであり、対費用効果も実証されているとはいえ、優先すべき課題が数多く存在する中でSD-WANに必要な初期投資が経営陣から承認されるとは限りません。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1641文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]