OCR AI・機械学習

仙台銀、手書きの住宅ローン事前審査申込書にAI OCR--30%削減、速度も向上

仙台銀行は手書きの住宅ローン事前審査申込書のデータ化にAI OCRを活用、作業を30%削減できたという。審査の速度も上がり、習熟したスタッフに依存しないバックオフィス体制の構築にもつながったとしている。

 72の店舗を運営する仙台銀行(仙台市青葉区、従業員数744人)は、人工知能(AI)を活用した光学文字認識(OCR)サービス「Tegaki」を採用。9月から導入し、住宅ローン事前審査申込書のデータ化作業を3割削減したという。開発、提供するCogent Labs(港区)が発表した。

 申込書から審査システムへの入力作業は、現場の営業担当行員が手作業で確認、書き出し、審査システムへ登録という手順で実施。項目が多く、確認や審査システムへの入力作業が恒常的な課題だったという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!?世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 情報セキュリティ監査人も注目、クラウド成熟期におけるセキュリティリスクを考える
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. マンガと事例で徹底解説!VDI導入で陥りがちな罠と、ユーザー体験向上のカギとは
  5. 膨大なコストと工数--フルスクラッチでのアプリ開発の限界を軽々と乗り越えたNECの秘密

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]