BI

BIツールの効果は使い方次第--プロジェクトを台無しにする3つのケース

ビジネスインテリジェンスは情報の収集、分析、報告に不可欠なツールだが、使い方を誤るとプロジェクトに悪影響を与えかねない。失敗に至る可能性が高い、3つの不適切な使用方法について解説する。

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールは、重要な情報の収集、分析、報告に役立つ。BIツールを使用することで期待されるメリットには、以下のものがある。

  • データの質が向上する
  • より速く、適切な意思決定ができる
  • 自信を深めることができる
  • レポートや結果の信頼性が上がる

 しかし、ビジネスインテリジェンスツールを使っていても、最適な結果を得られない企業や、散々な結果になってしまう企業がある。なぜだろうか。ビジネスインテリジェンスがプロジェクトにマイナスの影響をもたらしかねない、3つのケースについて考えてみよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1683文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]