インフラ 通信・通話 PaaS

「Azure ExpressRoute」の衛星接続サポート--従来の接続が届かない場所をカバー

「Microsoft Azure」へのプライベート接続を提供するサービス「Azure ExpressRoute」で、人工衛星を利用した接続がサポートされるようになった。これまで接続が難しかった場所からの利用が可能になる。

 従来型の接続を利用できない場所でクラウドに接続するのは難題だ。たとえば、「Azure Stack」サーバーを石油リグや大型クルーザーに設置する場合を考えてみよう。あるいは、災害救援用トラックの後部でハードケース内に置く場合でもいい。「Azure Data Box Edge」のようなエッジプロセッシングシステムについて考えると、事は一層複雑になる。そうしたシステムでは、ローカルで処理された大きなデータセットが、さらなる分析のためにクラウドシステムに送られるからだ。

 帯域幅が必要とされる状況は変わっていない。むしろ、その必要性は増すばかりだ。しかし、僻地には広帯域の光ファイバーを敷設するインフラストラクチャーはなく、必要な接続をすべて用意することは金銭的な事情が許さない。低品質の電話回線では、1~2MbpsのADSL以上の汎用的なサービスの提供を期待するのは不可能だ。ホワイトスペースや他のワイヤレステクノロジーに期待が寄せられているものの、それらはデータをエッジに送るだけの技術であり、エッジからクラウドに送るものではない。

空からのインターネット

 この接続の問題を解決するのは、古くからある技術、すなわち衛星による接続だ。小さな基地局を使用し、衛星を介して、大型の地上局のパブリックインターネット接続までデータを送る。銅線や光ファイバーを長距離にわたって敷設する必要はない。基地局はその場所に固定の設備でも、可搬型のデバイスでもかまわない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2601文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]