クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--共同作業のさらなる効率化

チームで共同作業するには「組織内で正しく情報共有すること」が欠かせない。今回は「Evernote」で簡単にできる共同作業効率化術をご紹介する。

 「組織内で正しく情報共有すること」は、チーム間のコミュニケーションを円滑にし、業務をスムーズに進めていくのに欠かせない。

 ある人に伝えるべき情報を伝えられていない、必要な情報に素早くアクセスできない、皆の動きがわからない……そういった状況はメンバーの士気を下げたり、業務を遅延させたりする原因になり得る。

 「Evernote」を活用すれば、チームの情報を簡単かつ適切に整理・共有し、共同作業を効率化することがかなう。その際、使いたい機能のひとつが「スペース」だ。無料版では使えない、「Evernote Business」限定の機能ではあるが、1カ月無料で体験できるため、ぜひ試してみてほしい。

 今回はEvernoteで簡単にできる共同作業効率化術をご紹介する(スクリーンショットはEvernote Businessの画面)。

プロジェクトやチーム、トピックに関するスペースを作る

 Evernote Businessで使えるスペースは、その名の通り、特定のプロジェクトやチーム、トピックに関するスペースを作成して、そこに関連するノートやノートブックを集約し、チームメンバーと共有できる機能である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1619文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]